森田療法

提供: OTwiki
移動: 案内検索

森田療法は、パニック障害強迫性障害社交不安障害と言った神経症を対象として始まった精神療法である。

現在では、神経症のみならず、慢性化した鬱病心身症等にも適用され効果を上げている。

森田療法における作業は主に病院の場、入院にて用いられる療法である。


概要

森田療法は1919年(大正8年)に、東京慈恵会医科大学初代精神科教授の森田正馬が神経症を対象に創始した精神療法である。