球麻痺

提供: OTwiki
移動: 案内検索

延髄から出る,脳神経の障害で,舌咽神経副神経舌下神経の障害の症状である.(“球”は延髄を意味する)

また,筋そのものの障害としても見られる.


同時に,三叉神経運動枝や顔面筋顔面神経支配)の麻痺が見られることもある.


症状

嚥下障害下顎反射低下,咽頭催吐反射消失 (軟口蓋反射は残存する)嗄声(させい)


代表的疾患

筋萎縮性側索硬化症(ALS)


仮性球麻痺との区別

上位運動ニューロンの障害である仮性球麻痺とは区別される.